台風15号の被害について

2019 年 09月 14日

 先日の台風15号について、各地からお見舞いのご連絡をいただいておりますが、被害は山門の扉の留め金具が根元からとれて、ドスンドスンいっていたぐらいの軽微なもので済みました。伽藍再建にあたって整備した庭も、植木が倒れたりしておりませんし、張った苔も飛ばされませんでした。ただし、夜中に台風本体が千葉市に上陸したころから、朝までは寝ることもできないほどの強風でした。

 周囲を見ると、屋根瓦がずれたりしている家屋もありますが、本堂の瓦はびくともしておりません。新築の際に瓦はどうかという意見もありましたが、これなら、大地震でも大丈夫ではないかと安心しております。

 ご心配くださった皆様、本当にありがとうございます。

 (市原別院の台風被害は、市原別院日記をご覧ください。)