市原別院の珍客

2011 年 02月 28日

市原別院周辺には数年前からイノブタが出現していました。草刈りをしているときに、五頭ぐらい子どもを連れたイノブタに遭遇したこともありますし、猟友会が駆除したこともありました。

昨年は畑にも来ていないと思っていたところに、秋の終わりぐらいから、ヒノキや杉を植林した場所の奥に、地面を鼻でほじくった跡が見られるようになりました。

次第に行動半径を広げるらしく、梅林までほじくるようになりました。梅の木の根元を、まるで耕したかのようにボコボコにしていきます。また、イノブタが悪さをすると思っていました。

ところが、ボコボコの主は、なんと「ブタ」! 梅の木の下で横になっているものまでいます。約九頭のブタが地面をまさぐっていたのです。てっきりイノブタと思っていたのが、(野の)ノノブタとは・・・。

家畜なので猟友会も手の出しようがないのだそうです。これではどこにブーイングしたらいいのやら、途方にくれています。

平成23年2月28日