圓福寺日記一覧

寺日記

圓福寺日記/令和2年、あけましておめでとうございます。

令和はじめてのお正月を迎えました。(昨年のお正月は、まだ平成だったので・・・。)

 大晦日の暴風も収まり、少し曇り空ながら、静かなお正月です。

 毎年、玄関に、賀正だるまを飾っているのですが、そのお話をしましょう。

 写真のだるまさんの掛け軸は、圓福寺の歴代住職でもあり、その後神戸祥福寺の師家になられた象匏(ぞうほう)和尚が染筆されたものです。

Read More »
寺日記

圓福寺日記/天災・地災

 毎年、門松を手作りしてします。

 今年も、材料豊富な市原別院に行って、寒空の下で作ることにしました。

 土台のバケツにコモを巻いて、松・梅の枝を切り出して、あとは竹を切り出して来れば材料がそろいます。

Read More »
寺日記

圓福寺日記/歳末ボランテラ

毎年恒例の歳末ボランテラが行われました。

 お寺の師走を味わおうということで始まった歳末ボランテラですが、新しい本堂では初めてでした。

 午後3時から本堂・大師堂・書院内外の大掃除、庭掃除など。

 外掃除では、裏の空き地の掃除もしていただき、軽トラいっぱいの枯草が集められ、寒空の下、一汗かいてしまいました。

Read More »
寺日記

圓福寺日記/警策(けいさく)新調

坐禅会で使っている警策(けいさく)が折れてしまい、その後、いただきものの警策を使っていました。

 ところが、この警策は堅木で重いものでしたので、警策を当てるとずしっとする感じで実用向きではありませんでした。

 叩いた時の音も、「ズシッ」としていて、さぞ体の中まで痛みが走り、痛みが尾を引くのではないかという代物でした。

Read More »

圓福寺日記/施浴・施電

 テレビを見ていると、稲毛区内でも携帯電話を充電する場所やシャワーを浴びられる場所などの情報が提供されています。  奈良時代に「施薬院」という救済施設が聖徳太子によって四天王寺に作られましたが、薬だけでなく、昔のお寺は浴室を開放して入浴してもらう「施浴」も行われてきました

Read More »

圓福寺日記/台風15号の被害について

先日の台風15号について、各地からお見舞いのご連絡をいただいておりますが、被害は山門の扉の留め金具が根元からとれて、ドスンドスンいっていたぐらいの軽微なもので済みました。伽藍再建にあたって整備した庭も、植木が倒れたりしておりませんし、張った苔も飛ばされませんでした。ただし、夜中に台風本体が千葉市に上陸したころから、朝までは寝ることもできないほどの強風でした。

Read More »
寺日記

圓福寺日記/落慶法要のビデオができました。

2月24日に執り行われた伽藍再建落慶法要のビデオができあがりました。

 ここに動画をアップしたかったのですが、どうやらファイルが大きすぎてアップすることができないようです。

 檀信徒のみなさんへは、土曜会とかの折にでもご覧いただこうかと思っておりますが、ご興味のある方はお寺にご連絡ください。

Read More »
寺日記

圓福寺日記/8/24の「地蔵盆」スタッフを募集いたします。

伽藍再建工事中には、場所の関係で規模を縮小して、行っていた子どもたちのお盆の行事「地蔵盆」ですが、再建工事が終わり、再び以前のようなにぎやかな行事を再開いたします。

つきましては、やきそば・やきとりコーナーのスタッフを募集いたします。

3年のブランクは、同時にこれまでのスタッフも3年、齢をとったわけで、元気な若いスタッフを集めようということになりました。

Read More »
寺日記

圓福寺日記/茶室開きをしました。

 伽藍再建とともに作った茶室の「茶室開き」をいたしました。

 寺庭夫人の尚美さんがおけいこに行っている社中の先生はじめ、お仲間の方をお招きしてのささやかな茶室開きです。というのも、火災によってお道具はほとんど焼失したため、準備万端整えてのお茶事は不可能なので、略式も致し方ありません。

Read More »
寺日記

圓福寺日記/なんじゃもんじゃが満開

 再建工事に伴って整備された庭に植えられた「なんじゃもんじゃの木」が満開を迎えています。

 永年圓福寺のお茶のおけいこをご指導いただいた故池田治子さんの庭に咲いていたなんじゃもんじゃの木をご寄進いただき、市原別院に仮植えしていたのを、このたび圓福寺の庭に移植したものです。仮植えしていた別院では人知れず咲いていたのです

Read More »
寺日記

圓福寺日記/伽藍上棟式が盛大に行われました。

晴天に恵まれた3月13日、平林寺江楓室老大師ご導師のもと、伽藍上棟式が行われました。

 近在の臨済宗寺院の和尚さん10名にご出頭いただいての読経で、上棟のおまいり。普段は木魚での読経ですが、上棟のおまいりなので祈祷太鼓による読経でした。

Read More »

(C) 2020 臨済宗妙心寺派 大廣山 圓福寺